大学入試新制度

ご存知でしょうか。日本の文部科学省は2020年、大学の入学制度を変え始める計画をしているそうです。日本の公立、私立大学共に、強制項目にしようとしている主な変革部分の一つに、入学試験の一つとして要求される『英語のレベルとスタイル』があります。2020年から日本の全ての大学は、高校卒業生を、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの4つの部門においてテストする事を要求されるであろうとされています。文部科学省は、高校での教授法の変革や、上に触れている4つの部門において高校生の英語上達に影響が出る事を期待してする、とされています。

TOEFLや TOEIC、英検、また他のいくつかある英語テストはおそらく、この英語面での要求に大きく受け入れられることになるでしょう。2020年から始まるという事はこれから、これらのテストでかなりの高得点を要求されるであろうという事です。しかしながら、多くの塾や公立学校の授業では、2020年から始まると言われているこの新しい大学入試に合格するほどに上手には、全ての生徒の英語力をあげる事は、—特にリスニングとスピーキングにおいて—できません。

しかしここ、ロケットイングリッシュスクールでは、学校でのテストやTOEICで、その上達した英語力を見せつけ、ほとんどの英検テスト受験者は、そのレベルに関わらず合格してきています。大学に入るのもますます難しくなる時代が来るのも、そう遠くないでしょう。ですが、皆さん、だから私共はここにいます!皆さんのお力になれればと思います!英語は皆様の将来の非常に重要な部分をつかさどります。そして私どもは全ての生徒様の成功を見るのを、ここに期待してやみません。